2015年12月6日 じゃがいもの会 料理教室レシピ【最終回】

SPONSORED LINK

2015年12月6日 「じゃがいもの会」料理教室で使われた当時のレシピを公開しました。文章や構成は当時のままになります。

・千草なべ (だしの美味しさで食べます)
・ごぼうごはん
・卵の鉢蒸しきのこくずあん
・どら焼き

 

1【千草なべ (だしの美味しさで食べます)】

 

材料:大根…10センチ 白菜…5枚 人参…1本 ネギ(太)…1本 水菜…1/2袋 油揚げ…1袋 きのこ…適宜 だし…5カップ 酒…大2 みりん…大1 しょうゆ…大1 塩…小1と1/2

1.大根、白菜、人参、ネギ、油揚げは細切りにする。きのこ類は適宜。

2.鍋にだし汁を入れ、調味料を加えて煮汁を作る。

3.土鍋などに煮汁と材料を入れて煮る。

 

2【ごぼうごはん】

 

材料:玄米…3カップ ごぼう …1本 油揚げ…1枚 しょうゆ…小1 塩…小1 ごま油…少々

1.玄米は洗って水気を切っておく。

2.ごぼうはささがきにして少しの油で炒める。

3.油揚げは油抜きし千切り。

4.圧力鍋に玄米、ごぼう、油揚げを入れ、通常通りの水加減で炊く(25分)。

 

3【卵の鉢蒸しきのこくずあん】

 

材料

A. 卵…2個 だし汁…2カップ 塩…小2/3 しょうゆ…小1/3

B.だし汁…1.5カップ しめじ…1/2パック えのき…1/2パック しいたけ…3枚 しょうゆ…小1 酒…小1 塩…少々 くず粉…小2

1.卵にだし汁と調味料を加え、こしながら器に入れる。

2.蒸し器を温め、蒸気が上がってきたら一度火を止めてふきんを敷いて1に入れ、 ふきんとふたにかぶせ、弱火で15分蒸す。

3.鍋にきのことだし汁を入れて、しょうゆ、酒、塩で味付けし、くず粉でとろみをつける 4.蒸しあがった2に3のきのこあんをかける。

 

4【どら焼き】

 

材料

A. 薄力粉…1/2カップ 全粒薄力粉…1/2カップ 重曹…小1/4 ベーキングパウダー…小 1/2

B. 豆乳…150cc メープルシロップ…大2 塩…少々 小豆つぶあん

1.Aをあわせてふるいにかける。

2.Bもボールに入れて合わせ混ぜる。

3.AとBをさっくりと混ぜる。

4.薄く油を引いたフライパンに3を丸く流し、8枚分の皮を焼く。
ぷつぷつと穴があいて表面が乾いてきたら裏返し、両面を焼く。

5.焼きあがった皮で、小豆つぶあんをお好みで挟めばできあがり。

 

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

1998年に仙台でじゃがいもの母と息子が開業した「自然食品の店じゃがいも」は、 18年間の営業ののちに店舗を譲渡し、その後じゃがいもの母は天国へ旅立ち、 譲渡した店舗もわずか数ヶ月で閉店になりましたが、 じゃがいもの母がこれまでに培ってきたism(精神)やレガシーを伝え続けるために じゃがいもの息子は「じゃがいもオンライン」を立ち上げました。