2015年7月12日 じゃがいもの会 料理教室レシピ

SPONSORED LINK

2015年7月12日 「じゃがいもの会」料理教室で使われた当時のレシピを公開しました。文章や構成は当時のままになります。

・粒そばのギョーザ(20個分)
・揚げなすときゅうりのバンバンジー風
・冷奴
・モロヘイヤのスープ

・穀物コーヒーのカントリークッキー(15枚分)

 

1【粒そばのギョーザ(20個分)】

 

材料:粒そば…60g 水…150cc 塩…2つまみ 干ししいたけ…4枚 キャベツ…140g ニラ…30g 長ネギ…50g 塩…1つまみ ごま塩…小2 くず粉…大1強 しょうゆ…大3 なたね油…少々

タレ:しょうゆ…大2 梅酢…大1 1/3 しょうが搾り汁…少々

1.粒そばは洗わず、香ばしいにおいがしてくるまで炒る。 水と塩を加えて火にかけ、沸騰したらふたをして弱火で 15分炊く。火を止めたら10分むらす。

2.キャベツをさっと湯がき、みじん切りにする。 ニラ、長ネギもみじん切りにする。

3.戻した干ししいたけをみじん切りにし、 ごま油を引いたフライパンで炒める。

4.3にしょうゆ大1.5を入れ、下味をつけてから 2のニラ、長ネギを入れて炒める。

5.4をボウルに移し、1の粒そばとキャベツに 残りのしょうゆ大1.5と塩を入れ、味を整え、 くず粉を入れてよく混ぜる。

6.ギョーザの皮で包む。

7.フライパンを熱し、菜種油を引いてギョーザを並べる。こんがり焦げ目がついたら、水を100ccほど入れ、 ふたをして蒸し焼きにする。

8.7の水がなくなり、チリチリと音がしたら、 ふたをあけて盛り付ける。

9.タレの材料を混ぜて8に添える。

 

2【揚げなすときゅうりのバンバンジー風】

 

材料:なす…4本 きゅうり…3本 なたね油…適宜

ごまみそ風味中華ソース:ねりごま…大1とみそ…大1/2をすりまぜる しょうゆ…小1/2~1 梅酢…小1 しょうが絞り汁…小1 水 大1と1/2

1.なすはヘタをとって縦半分に切り 皮の方から斜めに切り込みを入れてから もう一度縦半分にカットする。

2.きゅうりは皮むき器でリボン状にむく

3.揚げ油を鍋に熱し、なすを素揚げする。中まで火が通ったら取り出し油をきって冷ます。

4.器にきゅうりを盛り、その上に揚げたなすを形よく並べ ソースをかけ回す。

※揚げなすを蒸しなすにかえればさっぱり味に。

 

3【冷奴】

 

材料:ニラソース にら…50g しょうゆ…90cc
梅酢…大2 ごま油…大1と1/2

にらはさっと洗って水をきり、乾いたふきんで 水気を拭き取ってみじん切りにする。 それを容器に入れて調味料を足す。 すぐにでも食べられるが、古くなるほど風味が増す。

 

4【モロヘイヤのスープ】

 

材料:モロヘイヤ…1袋 にんにく…1片 野菜のおかげ…2袋 オリーブオイル、塩、こしょう…適宜

1.モロヘイヤは茎の柔らかいところからちぎりゆでて、 ザルにあげ、水分をきっておく。

2.水分の切れたモロヘイヤをみじんに切る。

3.にんにくをみじん切りにしてオリーブオイルで炒め 水と野菜のおかげを入れ、塩とこしょうで味を整え、2を入れてスープ皿に。

 

5【穀物コーヒーのカントリークッキー(15枚分)】

 

材料:薄力粉…70g 完全粉…30g 塩…少々 メープルシロップ…45g 菜種油…35g 穀物コーヒー…10g くるみ…20g

1.粉類をふるって、穀物コーヒー、塩を加えて混ぜておく

2.メープルシロップと菜種油を泡立て器で混ぜてよく乳化させ 1に加えて切るように混ぜ、刻んだくるみも加えてクッキー生地を作る。

3.生地を15等分し、丸めてフォークなどで平らにつぶし、 直径5センチくらいになるように整える。

4.オーブンシートを敷いた天板に並べ、 180°Cに余熱したオーブンで約15分焼く。

 

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

1998年に仙台でじゃがいもの母と息子が開業した「自然食品の店じゃがいも」は、 18年間の営業ののちに店舗を譲渡し、その後じゃがいもの母は天国へ旅立ち、 譲渡した店舗もわずか数ヶ月で閉店になりましたが、 じゃがいもの母がこれまでに培ってきたism(精神)やレガシーを伝え続けるために じゃがいもの息子は「じゃがいもオンライン」を立ち上げました。